|  初めての方へ  |  ご注文 ・お支払い方法   |  価格表  |  使い方  |  お問い合わせ |

漆刷毛の使い方

トップページに戻る  >   チョビットくんの使い方

漆刷毛の使用方法と仕立て方は、産地の特色、使用する漆、気候、制作するもの、目的など各人のやり方によって、とても違いがあります。

これが正解、というものは存在しません。けれど、目安がないと困ります。

350年間代々伝わるやり方、そしてわたくし自身が全国を回って聞き、調べた40年間の一応の標準を載せますのでご参考にして、工夫してみてください。

ここに掲載した方法よりさらに詳細な使い方パンフレットもご用意してございます。

こちらから ご請求ください。  無料進呈   

Copyright (c)  記事 転載不可   近年、無断転載多発の為、無粋な記載お許しください

 

 

切り出し方

■ 使い古しの部分を根本から鋸で切り落とします。

■ 塗師屋包丁・小刀・鑿・小型の鋸などの刃物で刷毛先の三角にする部分の長さの板を上下とります。

■ つまみ台(木製の台)の上で刷毛先の尖った三角の部分を刃物を使って形作ります。漆刷毛師のわたくしは鉋刃を使っています。便利で早いですよ。カッタ− やグラインダ−もうまくいきません。

砥石で摺ってこの形を作ろうとすると、毛がくずれ てでこぼこしたり 、時間がとてもかかります。

■ 刷毛先の毛足の長さを決めて、再度、板に切り込みをいれて、はじき取ります。

 

たたき方 ほぐし方

 

■ 毛先の横の部分の板(へり木、と云います)を小刀、小型の鋸で切り取ります。

■ つまみ台の上に毛先を乗せて、金槌で叩いていきます。※1

■ 叩いていくと、段々固まっていた毛先がほぐれていきます。

■ ほぐれたら、刷毛先の中に入っている麦漆のゴミを全部出すために、ゴミ出し作業を行います

※1 金槌は通常のもので大丈夫です。

但し、このままご使用になると角が付いている為、毛が切れてしまいます。

折れ毛が出て困ると云われたことがありますが、この事が原因でした。

ご使用前に、必ずサンドペ−パ−で 丁寧に金づちの角を丸めてください。これで解決。

 

ゴミ出しの洗い方

 

■ 叩き終わった毛先に石鹸をつけて、お湯で左右に動かし洗います。

汚れた色になり、ゴミが どんどん取れてきます。

これを何回か繰り返します。最後にお湯だけで洗って終了です。

 

保存方法

 

■ 使用後はカシュ−、漆を除去する為に必ず溶剤、油で何度も洗って下さい

漆の場合はサラダ油で洗っても良いし、灯油、ホワイトガソリンでも大丈夫です。

 漆刷毛の場合、最後に植物油 (不乾性油)を少し含ませておきます。

これを忘れたり、揮発性の油ですと毛先が固まってしまい使用できなくなります。

固まってしまった場合は、新しく切出しする以外方法はありませんので、ご注意ください。

  ご使用の前には必ず溶剤で洗い、ヘラでしぼる作業を数回行ってください。

固まらないようにと、余分にたっぷり油を付けてしまうと刷毛の中に油が入ってしまうのでご用心。

このさじ加減がちょっとしたポイントかもしれませんね。何回かお試しになりコツを掴んでください。

 

その他

 

■ 刷毛は、黒、朱、透、など色別にすることを強くおすすめいたします。

注意して洗っても混じる事が多いものです。

■ 細かい所、狭い所は巾の狭い刷毛、広い所は巾の広い刷毛を使用することをおすすめします。

巾広の刷毛で狭い所も塗っていると、その部分だけが偏って減ってしまいます。

きれいに塗るには適材適所、塗る面積に合った刷毛をご使用ください。

 

Copyright (c)  記事 転載不可   近年、無断転載多発の為、無粋な記載お許しください

 


 

Copyright (c)   All Rights Reserved.

 

高品質のものからヒギナーホビー用まですべて揃います    1枚から送料0円 送金料0円で全国発送


掲載の漆刷毛はすべて広重刷毛お取り扱いの漆屋さんと同じお値段です。 便利な方でご利用可能です。

 

■事務所・工房での直接販売・見学は行っておりません。通信販売のみです。何卒ご了承ください。